工事現場の印象が変わる?現場の「思いやり」を解説


最近の工事は「人に優しく静かな現場」が増えた

工事現場というと、「ガーガー」「ドカンドカン」「ピキン!ガラガラ~」などとうるさい音がずっと立っているような印象がありませんか?確かに一昔前の工事現場はそうでした。いつまでも車でアイドリングをしていて、近隣住民から嫌がられたり、休みの日なのに一日中音がしていて、もう眠れない!なんてこともありました。せっかく家に帰ってのんびりしたいのに、ずっと近くで騒音がしていたら、誰だって気持ちのいいものではありませんよね……。

住宅街では近隣をしっかり回って説明する

いつのまにか説明もないのに工事が始まっていたり、近くに保育園があるのに工事がうるさくて、お昼寝の時間に寝付けない、などということも過去にはありました。そういった近隣迷惑を最小限にするため、最近では工事の前に、監督と施主が近くの家を50軒くらい回ってあいさつしたり、子どもたちのお昼寝の時間やイベントのある日には工事を遠慮する、なんてこともするようになりました。自己中心的な工事で建てられた家は、引っ越してきたときに近隣の印象が悪い、などのデメリットもあるので、最近の工事現場は「あいさつ」と「説明」で印象を変えようとしています。

騒音対策で「赤ちゃんを起こさない」を目指す

建設現場では、住民に配慮して、ゼネコンや施工会社が現場に高い囲いを作るケースが増えました。最近では、以前より覆いが高くなり、それも、専用の防音用のシートであったり、高度な実験で振動を打ち消すパネルのようなものを開発するなどの専門技術を使って騒音を防ぐようになりました。気が付いたら、近所でやっていた工事がほとんど終わっていた、なんてことはありませんか?最近の工事現場では、気持ちよく使ってもらうためにも、施工が始まる前からの思いやりを大事にしているんですよ。

中古の建機のオークションは、法人向けのサイトを通じて売買が行われており、時には国内で出回る機会が少ない製品が出品されることもあります。

アバターカジノ

You may also like