製図の書き方とCADを導入することによる利点について


製図をパソコンで行ったものがCAD

製品の設計をするためには設計図が必要で、正式な図面を作る技術を製図と言います。製図は手書きで行われ、定められた規格通りの書き方で作られるため、誰が見ても意味を理解できるものになるのです。線の太さや寸法線の書き方、直径の書き方、矢印の書き方など全て定められており、その図面を見て寸法の分からない箇所がないように作り上げられます。そして、その製図をパソコン上で行えるようにしたソフトがCADです。パソコンが登場し始めの頃はCADはおまけ的な存在でしたが、現在ではあらゆる企業で使われるようになり、工業高校等では手書きの製図と共にCADも学習するようになりました。そのため、企業では製図ができる人イコールCADができる人として扱っており、必須の技術として採用の基準にされています。

CADを導入することによる利点とは

CADを導入する利点は何よりスピードです。実際の紙にシャーペンと定規で作図するよりも、パソコン上のCADでマウスクリックで作図する方が早いのです。また、正確さにおいても1mmのずれも許されない製図はCADの方が優れており、パソコン画面上でグリッドという目安にスナップして書かれた図は、全く誤差のないものになります。パソコンなので間違えて書いてしまった線もアンドゥ機能で一瞬にして元通りになり、丸ごと一区画ずれて書いてしまったとしてもコピーや貼り付けで簡単に正しい位置に修正できるのです。手書きの製図だった場合は全部を消して書き直す必要があることを考えると、非常に大きな差だと言えるでしょう。

水道CADを考えて設計を決める場合、どのようなソフトウェアを使うかで作業の手間が異なります。ソフトウェアを比較して、より良いものを使えるようにしましょう。

ポーカーオンライン

You may also like